今回は、親和エルフのサポートカードについてです。

spidersilk

●タフネス1ばかり。貧弱なエルフを守ろう

67

親和エルフには1/1が多いという弱点があります。

pauper環境はタフネス1に強いカードの使用率が高く、特にサイドには大抵《電謀》のようなカードが積まれています。

親和エルフはこういったカードを使われてエルフを一掃されると、部族シナジーも活かせず思うように動けなくなってしまうんです。


「タフネス2以上のクリーチャーを優先して出す」「《クウィリーオン・レインジャー》などのキーカードは温存する」など立ち回りでカバーできる部分もありますが、スペースに余裕がある限りは《電謀》などへの対策カードを採用しておきたいですね。



ここからは、実際にタフネス1の弱点をカバーできるカードを見ていきます。

●拡大

magnify
全てのクリーチャーにターン終了時まで+1/+1修正を与えるカード。
タフネス1への全体除去を回避することができます。

たったの緑1マナで済むため、常に構えやすくテンポ・アドバンテージも取れるのが強み。

全体除去は大振りになりがちなので、これでテンポを取れればそのままコンボを決めやすくなります。

93holylight
<遠くの旋律に対応で全体除去を打たれる事も多い。拡大で回避して一気に勝負を決めよう>

●蜘蛛糸の鎧

spidersilk
自分のクリーチャーのタフネスを強化すると同時に到達を与えるエンチャント。
親和エルフの「タフネス1が多い」という弱点を永続的にカバーできます。

タフネス強化は戦闘でも役に立ち、到達のおかげで青単フェアリー戦でも重宝します。

《拡大》と比較するとテンポ面では大きく劣りますが、永続するおかげで《クォムバッジの魔女》《ヴィジリアンの長弓》への対策としても有効。
メインから採用しやすいカードです。


22
<使用率の高い天敵。マナクリから2ターン目に張っておきたい>

●水流破

94
赤いパーマネント破壊 or 赤い呪文への打ち消し呪文。
《樺の知識のレインジャー》や、《森のレインジャー》から島を持ってきて使います。

上記2種類では対処しきれない《灰の殉教者》にも対応できますし、《森林守りのエルフ》などのキーカードを単体火力から守るだけでも十分強力です。


このカードを多く採用する場合は《森のレインジャー》の枚数を多くするなど、青マナを安定させておきたいですね。

martyr

以上、親和エルフの弱点と、その克服法でした。参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)