今回は親和エルフの対青単フェアリー戦について書いていこうと思います。

elvesfaerie

本当の部族シナジーというものを見せつけてやりましょう!

●有利な相性。通すべきところをキチンと通そう

エルフはフェアリーに有利なデッキです。

豊富なマナのおかげでカウンターの釣り出しが容易なうえ強烈なメタカードもあるので、通すべきところをキチンと通しさえすれば比較的楽に勝つことができます。

その一方で、親和エルフはマナカードが多い(=マストカウンターとなるカードが限られている)ので、引きが悪かったり立ち回りを1つ間違えたりするとあっさり押し切られてしまう事も。

有利だからと油断せず、丁寧に攻めていく事が重要です。

mystic
titania
<初手にマナクリは絶対に欲しい>


●本命をおさえる

フェアリー戦で重要になってくるのは「呪文を唱える順番」です。

まずは軽いカードを唱えて相手のカウンターを誘います。
カウンターを使ってくれたら本命を通し、使われなければまた別の軽いカードでカウンターを釣る。
これを繰り返します。

序盤にガンガン展開した後、3t目以降は3マナ残して《森林守りのエルフ》をチラつかせながら動くとカウンターの弱みが浮き彫りになってきますよ。


23birchlore
<目くらましには注意。早めに樺の知識のレインジャーを通しておくと常にケアしやすくなる。>

本命①:《ヴィリジアンの長弓》
マナコストが軽く、場に出れば装備差し替えでガンガン除去していくことができる。
優先度は一番高い。

本命②:《森林守りのエルフ》
メインでの主力。これが場にいれば《尖塔のゴーレム》で止まらなくなる。

これが通った後は隙を見て《クウィリーオン・レインジャー》も通しておきたい。

本命③:《遠くの旋律》《リス・アラナの狩りの達人》
通ればアドバンテージ取り放題。その分重いので扱いが難しい。

これらが手札に多い場合は《ティタニアの僧侶》を確実に通しておきたい。
《遠くの旋律》は5枚を目安に。

●サイド後は除去を入れ、マスカンを増やす

90270116

サイド後は対フェアリーメタカードである《散弾の射手》をあるだけ採用して、軽いマストカウンターを増やしましょう。

マナカードは抜きにくいので、仕事をしにくい《イラクサの歩哨》や重い《リス・アラナの狩りの達人》との入れ替えが基本となります。


《上機嫌の破壊》は《尖塔のゴーレム》だけでなく、サイド後に積まれやすい《鋸刃の矢》《珊瑚の網》も破壊できるのが優秀です。

共謀で唱えればカウンターにも強いのが良いですね。

ただ、稀に《尖塔のゴーレム》がいないorサイドアウトされる事もあるので、ある程度様子を見てサイドインするか決めた方が無難でしょう。

1620

例)
OUT:リス・アラナの狩りの達人3、イラクサの歩哨2~、エルフの幻想家0~
IN:散弾の射手4、ヴィリジアンの長弓1、上機嫌の破壊0~2


_____________________________________

立ち回りを間違えなければ、安定したマナ基盤も相まってかなり安定して有利に戦える相手です。
きっちり勝ち星を拾っていきましょう!

以上、本物の部族シナジーを見せつけろ!!対フェアリー戦の立ち回りでした。参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)