今回は呪禁オーラで使われるオーラ呪文についてです。

デッキの個性が一番出るところなので、慎重に選んでいきたいですね。


9


●強化呪文を選ぶ上で考えるべき事

「どうせ呪禁生物に張るんだからオーラは強そうなものから順番に4枚積んでいこう」
と考えていませんか?

きちんと勝てるデッキに仕上げるためには、様々なケースに柔軟に対応できるようオーラの配分も調整しなければいけません。

特に以下の3点のバランスが重要です。

①戦闘能力上昇の効率

呪禁オーラは1/1呪禁という単体では非常に弱いクリーチャーを多く採用しているため、その分他のカードで攻撃力を挽回しなければいけません。

そこで、修正値の大きさや先制攻撃・族霊鎧などの戦闘能力をどれだけ効率よくあげられるかが重要になってきます。

②エンチャント除去に強いか
呪禁オーラはサイドから《天啓の光》のようなエンチャント破壊を積まれる可能性が高いデッキです。
対エンチャント呪文は全体破壊も多いため、エンチャントに依存しすぎた構成にすると相手のカード1枚で壊滅…なんて事もあります。

そのため「仮にエンチャントをすべて破壊されても立て直しやすいか」も重要な要素になります。

③ライフレースを有利にできるか
①と②をしっかり整えてもライフレースで負けていたら意味がありません。
トランプルや魂の絆能力など「実際にライフレースを優位に進められる能力」も重視しておきたいですね。



それでは以上3点を踏まえたうえで、実際に採用候補カードを考察していきたいと思います。

●天上の鎧

9
先制攻撃付与に加え、自分の場のエンチャントの数に等しい修正値を与えるカード。

呪禁オーラに白を加える主な理由です。
1枚でも2/2先制攻撃呪禁となり、1マナとしては十分な性能です。

《怨恨》がついただけで5/3先制攻撃トランプル呪禁と、もはや戦闘では敵なし状態に。

2枚以上重ね張りした場合の爆発力も大きいため、白を入れるなら4積み必須ですね。

●怨恨

185
お馴染み最強のオーラと名高いカード。

パワーの2点修正とトランプルによる突破力は捨てがたく、呪禁オーラでも当然採用されます。
手札に戻るのが優秀で、エンチャントをすべて破壊されても《天上の鎧》が1枚手札に残っていれば簡単に立て直すことができます。

ただ、呪禁オーラでは相打ち上等の攻撃がしにくいため「クリーチャーと怨恨ばかりの手札」はあまり強くありません。

そのため、デッキの構造次第では3枚以下に抑えることも十分考えられます。

●+1/+1カウンター

1counters

+1/+1カウンターを置くカード。オーラではありませんが、持続的強化なので候補になります。

+1/+1カウンターは《平穏》を打たれても残るため、エンチャント除去対策として優秀

《強制順応》の場合は「じっくり攻めるプラン」
《吠え群れの飢え》の場合は「陰鬱を達成しやすくする事」
《旅の準備》の場合は「頑強などで+1/+1カウンターばら撒きを活かす事」
を意識して構築していきたいですね。

●族霊鎧

8208
一度だけ破壊から守ってくれるオーラ。

《エイトグ》など一時的に大きくなるクリーチャーが相手でも安心して攻撃できます。

単純な性能は《ハイエナの陰影》のほうが強いですが、呪禁オーラでは白はタッチ程度なので「隙を埋めるためのカード」という役割を考えれば《蜘蛛の陰影》のほうが使い勝手は良いです。

どちらにしても修正値が控えめな点に注意。

●アルマジロの外套

78
+2/+2修正にトランプル・魂の絆能力と、至れり尽くせりなカード。


呪禁オーラに白を加える主な理由その2です。
これと《天上の鎧》がついただけでライフレースでは無敵になるほどの高い制圧力を誇ります。
ビートダウン相手ならとにかく引きたいカードなので「メインサイド合わせて4枚」ほしいところ。

●緑単色3マナフィニッシャー

229173
緑単色で出せる3マナのフィニッシャー的オーラ。
最悪白マナが無くても戦える構成を心掛けたいところです。

基本的には制圧力・クロック速度で圧勝している《祖先の仮面》が優先されますが、
①《祖先の仮面》を活かすためには軽いオーラを大量に採用する必要が出る
②《祖先の仮面》はエンチャント破壊に特に弱い
③パウパー環境では44呪禁でも十分強い

という点を考慮すれば《腐れ蔦の外套》も十分考えられます。

発掘のおかげでカウンターに強く、立て直ししやすい点が優秀ですね。

_____________________________________

呪禁オーラはスペック自体は非常に高いのですが、まだまだ発展途上のデッキです。
新カードもチェックしつつうまく組み合わせてデッキの改良をしていきたいですね。

以上、張って張って張り倒す!正しいオーラの選び方でした。参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)