今回は呪禁オーラのサイドボードについてです。

緑白は回復・軽減やアーティファクト・エンチャント除去を得意とし、クリーチャー除去もそれなりにそろっています。

《紅蓮破》や《ゴリラのシャーマン》を持つ赤のような「非常に強烈なサイドカード」のある色ではありませんが、その代わり「優秀・効果的なサイドカード」なら豊富な色です。

そのため、どんなデッキに対しても効果的なサイドが複数あり特定のデッキをガンメタしやすいのが特徴です。

21
<万能な色になるか、器用貧乏な色になるかは使い手の腕次第>

●アルマジロの外套・絆魂

7824
仮想敵:速攻デッキ、バーンなど

ダメージを与えた分だけライフを回復できる。早いデッキに有効なカード。
バーンに対して特に有効なカードで、《赤の防御円》を入れるよりもこちらのほうがオススメです。

《アルマジロの外套》は多くのデッキ相手に有効なので、メインサイド合わせて4枚ほしいですね。


●軍旗の旗手

18
仮想敵:同系、ストンピィ、familiarなど

対戦相手が対象をとる呪文を唱える時、これを対象に取らなければならなくなるクリーチャー。
同系及びストンピィに非常に強力で、これ1枚で相手の動きを封殺できてしまいます。

呪禁オーラは単体除去をサイドアウトされやすいため生き残りやすい点も見逃せません。

●太陽の槍・スズメバチの一刺し

21181
仮想敵:フェアリーや速攻デッキなど

1マナの除去。余ったマナで除去できる点が優秀。
《太陽の槍》は《窯の悪鬼》など高タフネスのクリーチャーも除去できますが、相手の《軍旗の旗手》を除去できません。

逆に、《スズメバチの一刺し》は相手の《軍旗の旗手》を除去できますが、タフネス2以上のクリーチャーには使えません。

1ターン目に出てきた《秘密を掘り下げる者》を除去できるのは重要な要素なので、スペースが許す限り入れておきたい。

●未達への旅

17
仮想敵:親和、ウィーゼロックス

タフネス無視の優良単体除去。呪禁オーラはサイド後からエンチャント破壊を積まれやすいので、白や緑が相手だと除去としての性能は安定しません。

ウルザトロンのような相手にも入れたくなりますが、たいてい《天啓の光》(後述)が積まれるのでお勧めできません。

それでも、《エイトグ》や《ニヴィックスのサイクロプス》のような面倒なクリーチャーを除去するためにも2枚はメイン・サイドに入れておきたいカードです。

8687
危険な研究使徒の祝福で逃げられると自分の呪禁生物を追放してしまうリスクがあるので注意>

●一瞬の平和

251
仮想敵:ビートダウン全般

フラッシュバック付きの戦闘ダメージ軽減呪文。速攻デッキはもちろん幅広い相手に活躍します。
特に、同系が相手だと負けていた試合がこれ1枚で覆るケースも多いです。

立ち上がりがやや遅れた場合などに非常に便利。

《腐れ蔦の外套》の発掘で墓地に落ちるとすごく得した気分になります。

●黒単対策

22296

《若き狼》などに加えて、黒単対策のカード。

《黒曜石の見習い僧》は単体では布告除去1枚で終わってしまいますが、《若き狼》などがいる場合には単体除去や《墓所のネズミ》を無効にし、ブロックもされなくなるので非常に強力。

白マナの都合を考えると多くても2枚といったところ。


《活力の魔除け》は布告に対しては1/1トークンをだし、ブロックに対しては+1/+1トランプルで突破し、《墓所のネズミ》による除去には再生(ぬめるボーグルのみ)で対応できる優秀なカード。

1枚で《電謀》と《消灯》の両方をケアできるので、赤青系コントロールにも有効です。

93
17

●エンチャント破壊

17110
仮想敵:同系、現実の酸コンボデッキ

色もかみ合っているので、エンチャント破壊は確実に入れておきたいカードです。

逆に同系戦では相手も使ってくるカードですから、「インスタントタイミングでエンチャントを破壊されても困らないか」を常に考える必要があります。

基本的には使い勝手のいい《天啓の光》のほうがいいですが、相手のエンチャントだけ全て破壊する《心なごむ詩句》も1枚で勝負を決められるのでオススメですよ。
_____________________________________


以上、回復・軽減はお手の物!呪禁オーラサイド考察でした。参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)