今回は、最近よく入賞しているタイプのストンピィを紹介していきます。

uktabi


●デッキリスト


引用元: 
公式サイト News and Updates Event Coverage 
walkerdog (1st Place)
Pauper Event #7127592 on 05/23/2014
16:《森/Forest》
2:《カルニの庭/Khalni Garden》
1:《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
-Lands(19)-  
4:《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》
2:《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》
4:《吠え群れの飢え/Hunger of the Howlpack》
4:《怨恨/Rancor》
4:《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
-Other Spells(18)- 
4:《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
4:《シラナの岩礁渡り/Silhana Ledgewalker》
4:《スカルガンの穴潜み/Skarrgan Pit-Skulk》
4:《ぬめるボーグル/Slippery Bogle》
3:《ウークタビー・ドレイク/Uktabi Drake》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》 

-Creatures(23)-  
2:《上機嫌の破壊/Gleeful Sabotage》
2:《スズメバチの一刺し/Hornet Sting》
1:《一瞬の平和/Moment's Peace》
3:《滋養/Nourish》
2:《恭しき沈黙/Reverent Silence》
2:《胞子カエル/Spore Frog》
3:《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》
-Sideboard(15)-   


●デッキの特徴


このデッキ最大の特徴は、従来のストンピィの必須カードであった《クウィリーオン・レインジャー》《地うねり》が入っていない事です。


change

アンタップシナジーと一時的な強化手段を抜き、代わりに回避能力と持続的な強化を重視。

毎ターン安定して3~5点程度のダメージを与えられるように構築されています。


その動きは「相手クリーチャーをサイズで押し潰していく」ストンピィというよりも「回避能力持ちを強化して殴り続ける」グランビルに近いものがありますね。



cantblocks

これによって親和を始めとするストンピィよりワンテンポ遅いビートダウンに殆ど攻撃を止められなくなり、ライフレース面で非常に有利になっています。


●デッキのシナジー・弱点補強

このデッキはシナジーの塊であった《クウィリーオン・レインジャー》を抜いた代わりに別のシナジーが搭載されていて、多角的な攻めが可能です

ここでは、その多様な攻め筋を紹介していきます。

①:陰鬱コンボ

morbid

《吠え群れの飢え》は、陰鬱で使えれば1マナで+1/+1カウンターを3つも載せる優秀な強化呪文。

陰鬱は普通にグランビル戦略で攻めているだけでも比較的達成しやすいですが、このデッキはさらに達成しやすいように組まれています。

例えば《皮剥ぎの鞘》の装備を入れ替えると細菌トークンが勝手に墓地に落ちて陰鬱を達成できますし、《ウークタビー・ドレイク》のエコーを払うのが微妙な盤面なら敢えて払わない事で陰鬱を狙う事ができますよ。


②:呪禁クリーチャーでグランビルの弱点をカバー

グランビル戦略は本来は除去を多く使うデッキに弱いのですが、このデッキは呪禁クリーチャーを多く採用することでその弱点をカバーしています。

bogle

ビートダウンには回避能力持ちを、除去コントロールには呪禁もちを強化する、という風に綺麗に棲み分けできていますね。

特に赤青コントロールが相手の場合、呪禁は非常に重宝します。

spore
<呪禁が活躍しにくいビートダウン相手には、サイドから胞子カエルに変えてしまえば良い>

③:全体除去された返しに

《ウークタビー・ドレイク》はそのコストと速攻が噛み合っていて、出してすぐに《怨恨》《骨断ちの矛槍》をガンガン張り付けて殴りに行く事ができます。

これは、グランビル戦略と呪禁戦略の両方が苦手とする《墓所のネズミ》による全体除去に対して強く、弱点補強となっています。

相手が強化呪文を嫌ってメインで全体除去してくれたら、返しのターンで一気に勝負を決めてやりましょう!!


shoot
<相手のゴールにシュゥゥゥーッ!>

_____________________________________

回してみた感想としては、使い方1つで各カードの役割が大きく変わる面白いデッキだな、という印象でした。けっこう嵌ります。

緑単は好きだけど、従来のストンピィも飽きてきたし新しい刺激が欲しい。という方は是非一度使ってみてください!!

以上、緑なのに回避能力が盛りだくさん。新たなストンピィのご紹介でした。参考になれば幸いです。


最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)