今回は、青単コントロールのクリーチャーについて書いていこうと思います。

少数精鋭にする必要のあるデッキだからこそ、慎重な選択が求められます。

51b 

●必須クリーチャーの強みと弱点

青単コントロールと言えば必須となるのが《秘密を掘り下げる者》と《尖塔のゴーレム》の2枚。

どちらも小さな隙で場に出すことができ、「常に対抗呪文を構えたい」青単コントロールの動きを支えてくれる優秀なクリーチャーです。

delver
spire

しかし、非常に優秀だからこそ、同時に対策されている可能性の高いカードでもあります。

例えば大量の2/2で攻めてくる速攻デッキなら「《尖塔のゴーレム》さえ突破できれば良い」と考えて、サイドから《上機嫌の破壊》など打ち消されにくいアーティファクト破壊を積んでくるかもしれません。

逆にコントロールデッキであれば、《炎の稲妻》や《古えの遺恨》のように青単の主力に劇的に刺さるカードを大量に積んでくるかもしれません。

firebolt
ancient
<炎の稲妻は秘密を掘り下げる者を、古えの遺恨は尖塔のゴーレムをそれぞれ2体除去できる>

こういった「打ち消しに強い」対策1つで簡単に負けないようにするには、この2枚以外のクリーチャーが重要になってきます。


青単コントロールでクリーチャーを選ぶ時は「メタが青単をどう対策しているか」を考えて、それを返り討ちにできるように組んでいきましょう!!


●凍結燃焼の奇魔

frostburn

攻めて良し、守って良しの高機能クリーチャー。

速攻デッキ相手には2ターン目から強靭な壁となり、1マナ払えば2/2を一方的に討ち取れるのが強み。
特に、「アーティファクト破壊が効かないタフネス4」というのが非常に優秀です。

一方、コントロール相手にもマナさえ払えば単体で4点クロックになってくれるのが強いですね。

不満点を挙げるとすれば、《炎の稲妻》を耐える事以外除去耐性が無い所と、複数引いてもあまり強くない所でしょうか。

●印章持ちのヒトデ

starfish

タップで占術できる0/3。
2/2の攻撃や《炎の稲妻》を耐えつつ、占術によって解答を探しに行けるのが強み。

継続してドローの質を上げる事で間接的に攻めをサポートするカードなので、「他にどんなカードを入れたか」で使い勝手も大きく変わってくるでしょう。

このカードの強さは動画で見ると分かりやすいかもしれません
参考リンク 【対戦動画】過労するヒトデ

●海門の神官・熟考漂い

oraclemulldrifter

場に出たときにアドバンテージを取れるクリーチャー達。

青を含む多色コントロールなら大抵3~4枚入っているほど高機能なクリーチャーですが、その重さから「常に対抗呪文を構えたい」青単コントロールの方針とやや噛み合っていないため、このデッキでは枚数は抑えられます。

ただ、どちらも非常に強力なクリーチャーである事に変わりはなく、特に《熟考漂い》は除去コントロール戦を意識するならサイド込みで2枚以上入れておきたいカードです。

●嵐縛りの霊

stormbound geist

不死持ちの2/2ハイフライング

3マナと重く、地上を止められない事からメインからは採用しにくいですが、除去コントロール相手には非常に重宝するクリーチャーです。

豊富な打ち消し呪文のおかげで、見た目以上にしぶといクロックになってくれます。

また、《鋸刃の矢》と組み合わせて文字通り不死の飛行クリーチャーにするのも面白いですね。

relic
<他にも墓地利用カードを使う場合には、大祖始の遺産に注意>
_____________________________________

以上、青コンを組む時に知っておきたい、クリーチャーの選び方でした。参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)