今回は、青単コントロールの打ち消し呪文(=カウンター)について書いていきたいと思います。

condesecend

●尖塔のゴーレムを意識してカウンターを選ぼう!!

16

1マナ3/2飛行である《秘密を掘り下げる者》の派手さに隠れがちですが、青単コントロールは実際には《尖塔のゴーレム》が軸のデッキです。

フェアリーと比較して受け身に回りがちな青単コントロールは
1ターン目:定業(思案・海賊の魔除け)
2ターン目:カウンター(蓄積した知識構え)
3ターン目:定業+カウンター
4~5ターン目:島4枚から尖塔のゴーレム+カウンター

という動きが王道。
この動きを安定させる事を考えると、カウンターにはある性能が求められるのが分かります。

それは「2マナで打てて、尖塔のゴーレムを守れるよう4ターン目以降でもほぼ確実に打ち消せる」事。
この条件を満たさないカウンターが多すぎるとどうしても隙ができ、押し込まれやすくなってしまうんです。

そこでまずは、この条件にあったカウンターを見ていきましょう。

counterspell
2マナで打てて終盤まで使えるカウンター。先述の動きを安定させるためにも、この辺りを6枚くらいは積んでおきたいですね。

《対抗呪文》:説明不要の基本カウンター。4積み確定。

《剥奪》:「土地を手札に戻す」追加コストを要する確定カウンター。
中盤以降は完全に《対抗呪文》と同じスペックになります。

しかし、土地を手札に戻すコストは順当に土地を伸ばしたい青単コントロールにとっては意外と重く、序盤に使ってしまうと《尖塔のゴーレム》を出すターンが1ターン遅れてしまうのが難点。

4ターン目の《尖塔のゴーレム》+カウンター構えをどれだけ重視するかで採用枚数を決めたいところ。

gush
<また、噴出と併用してしまうと使いにくくなるので注意>

《論理の結び目》:墓地をリソースにできるXマナカウンター。

テンポを阻害せず序盤から終盤までカウンター出来るのが強いですが、1マナの呪文が少ないとやや使いにくい点や《蓄積した知識》対策で墓地除外呪文を使われると弱いのが欠点です。

1枚だけなら《対抗呪文》とそこまで使い勝手が変わらないので、5枚目の《対抗呪文》としての採用が基本となるでしょう。




ここからは「先述の条件にはあっていないけれどよく使われる」優秀なカウンターを見ていきます。

●禁制・誤算

prohibitmiscal

《禁制》2マナ以下限定の打ち消しで、キッカー2マナを払うと4マナ以下まで打ち消せる呪文。

軽いカードが多いデッキには《対抗呪文》並の性能ですが、3マナと5マナに強いカードが多いデッキ・例えば黒単が相手の場合には使い勝手が悪くなります。

《誤算》サイクリング付きの不確定カウンター。2マナ要求します。

序盤は大抵のカードを打ち消せて、終盤以降もとりあえずサイクリングで腐らないのが強み。
土地が欲しい時に引きに行けるもの良いですね。

親和やウルザトロン相手には使いにくく、サイクリングする頻度が高い場合は素直に他のカウンターと入れ替えた方が良さそうです。

●除外・卑下

56condesecend
重い代わりに手札を整えるおまけがついたカウンター。

《除外》キャントリップ付きのクリーチャー呪文限定カウンター。
pauperでクリーチャーを使わないデッキは少ないので、滅多に腐りません。

終盤での強さは圧巻。ウルザトロンや黒単のように重いクリーチャーを使うデッキに有効です。
速攻ビートにはその重さがネックですが、《断絶》と併用するとお互いの弱点を補強できます。

《卑下》占術2付きのXカウンター。
占術は本当に強く、要らないカードを2枚下に送った場合は《除外》以上の性能になります。

カウンターとしては安定しませんが、「相手のマナを縛りつつドローの質を上げる」使い方でも優秀で、詰めに入った時は一番強いカード。
これを使う場合は土地が伸びやすい構成を意識したいところ。



●ルーンのほつれ・記憶の欠落

runesnaglapse
先述の条件を部分的に満たすカウンター。

《ルーンのほつれ》:2マナ要求する不確定カウンター。
墓地に同名カードがあると要求するマナが2倍3倍に増えていきます。

4積み前提のカードなためサイドボーディング等で微調整しにくいですが、序盤から終盤まで使いやすい強力なカウンターです。
墓地対策を誘いやすいカードなので、《蓄積した知識》と併用する時は注意が必要ですね。

《記憶の欠落》:2マナ確定カウンターですが、打ち消した呪文をライブラリートップに戻してしまうカード。

危険なカードへの対処としては不十分ですが、逆に弱いカードをこれで打ち消せば時間を稼ぐ事ができます。

例えば黒単の《クォムバッジの魔女》やウルザトロンの《予言のプリズム》なんかが狙い目。
上手くいけば土地詰まりを起こしてくれるかもしれませんよ。
_____________________________________

いかがだったでしょうか?
打ち消し呪文は使われる側からするとどれも同じように感じますが、使う側からするとどれにするか結構悩ましいもの。慎重に選んでいきましょう!

以上、打ち消し呪文を選ぶうえで考えるたった1つの事でした。参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)