青単コントロールでよく使われる《鋸刃の矢/Serrated Arrows》

MO上だとコモンにしては少々お高いですが、除去の薄い青や緑にとっては貴重な存在です。

20

●1対3交換まで可能な置き除去

《鋸刃の矢》は「タップする事で対象のクリーチャーに-1/-1カウンターを載せる」能力を3回まで使えるアーティファクト。

場に出してすぐ能力が使える上に起動にマナが掛からないのが優秀で、特にタフネス1~2のクリーチャーへの置き除去として非常に使い勝手の良いカードです。

その性能の高さは黒単に採用される事すらあるほどで、バウンスと《海賊の魔除け》《鎖の呪い》くらいしか使いやすい除去呪文がない青単コントロールなら1枚は入れておいて損はありません


delverremoval
<先出し可能で相手のデルバーを3体潰せるカードと考えると強さがよくわかる>


さてこのカード、ただタフネス1~2のクリーチャーを除去するだけのカードではありません。

今回は、マナを使うことなく起動できる-1/-1カウンター能力がどれだけ強力なのかを見ていこうと思います。


●1:相手の飛行ブロッカーが無力に…

16kor

青単コントロールの基本戦力は《秘密を掘り下げる者》《尖塔のゴーレム》のみ。

そのため、相手の《尖塔のゴーレム》や《コーの空漁師》のように軽くてタフネスが3以上の飛行クリーチャーが場に出てしまうと途端に攻めにくくなってしまいます。


しかし、《鋸刃の矢》が1枚場にあれば話は別。
能力を1回使うだけで優劣関係が逆転するので、相手の飛行戦力を無力化できてしまうんです。

このように、戦闘の補佐として利用すれば実質的に中堅クリーチャー3体分の除去としても機能してくれます。

enforcer
<4/4もとりあえず尖塔のゴーレムで止められるサイズになる>

●2:不死が本当に死ななくなる

stormbound geist

-1/-1カウンターは相手に使えるだけではありません。

不死で蘇った《嵐縛りの霊》に使うと、状況起因処理によって+1/+1カウンターと-1/-1カウンターが相殺し、再び不死で蘇るようになります。

除去コントロールが相手の時はサイドから
《嵐縛りの霊》を入れれば、文字通り不死の戦力を作れるのが強いですね。

ただし+1/+1カウンターが載っていてかつ2点ダメージを受けている状態で-1/-1カウンターを載せると、相殺する前に墓地に行ってしまって不死が誘発しません。
注意しておきましょう!

●3:他の呪文と組み合わせるともっと強い

arrowcombo

《鋸刃の矢》は他の呪文と組み合わせても強いカードです。

たとえば
①3回能力を使い切ってから生贄に捧げるまでに時間差がある事を利用して《撤廃》《残響する真実》回収・再利用する

《蛇変化》と組ませることでどんなクリーチャーでも除去できる上にアドバンテージも取れる

増殖を使う事で使用回数を増やしつつ効果も増幅。

なんて使い方があります。色々試してみてはいかかでしょう。

●最後に:重さを克服するには

20

このカードを使う上で一番問題となるのがその重さ。

《対抗呪文》を常に構えられるのが強みである青単コントロールにとって、4マナかつ自分のターンにしか唱えられないのは無視できない欠点です。


《流砂》を多めに採用したり、ドローソースを《噴出》にすれば、《対抗呪文》を構えながら唱えやすくなるのでオススメですよ。

140
gush
<土地が5枚だけでも、4マナ出した後噴出を使って島を出し直せば対抗呪文を構えられる>

以上、こんなにも強い!!鋸刃の矢でした。参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)