今回は、黒単の0マナで打てる除去について書いていこうと思います。

snuff

●2種類の0マナ除去

今回紹介するのは《殺し/Snuff Out》《闇の旋動/Spinning Darkness》2枚。

snuff
spinning

どちらも黒以外のクリーチャーを0マナで除去できるピッチスペルです。

黒単同系戦では完全に腐ってしまうのでメインから採用することはできませんが、0マナで除去できる事は特定のデッキに対して非常に有効なため、サイドからの採用が検討できます。


以下では、0マナ除去がどんなデッキに対してどのように有効なのかを見ていきましょう。


●①秘密を掘り下げる者を除去しやすくなる

51a

青単フェアリー戦では相手が1ターン目に出してきた《秘密を掘り下げる者》を処理できるかが重要になってきます。

黒単の主要な除去は2マナ以上なため、《対抗呪文》を始めとするカウンターをきれいに合わせられるといつまで経っても《秘密を掘り下げる者》が除去できず、あっという間にライフを0にされてしまいます。


しかし、もしここでピッチスペルが1枚でもあればカウンターの隙をついて除去できるため、生存率がぐっと上がります。


65
<マナが余る終盤でも、呪文づまりのスプライトに打ち消されないのは大きい>

●②相手の意表を付いて有利な交換ができる

185

0マナの除去はまず警戒されません。
こちらがフルタップの場合には相手はまず除去が打たれない前提の動きをしてきますし、2マナ構えているなら1回分、4マナ構えているなら2回分の除去しか警戒されません。

たとえば
ウィーゼロックスの「《窯の悪鬼》に《突撃のストロボ》を打つ」
ストンピィの「クリーチャーに《怨恨》を張る」
familiarの「《フェアリーの大群》に《断絶》を打つ」

こういった動きに対して「相手が想定する回数+1回」の除去が打てるようになれば、相手のプランを崩壊させて有利な交換を取ることができます。

2
<油断して除去対策呪文を構えなかった隙に潰す事ができる>

●③速攻デッキのぶん回りを止められる(闇の旋動のみ)

106

《闇の旋動》はマナを払うことなく相手のクリーチャーを除去しつつライフを3点も回復してくれるため、ゴブリンやストンピィに対して非常に有効なカードです。

速攻デッキと戦っていて、「除去しても除去してもちょうど1体だけ残って、そいつにコツコツライフを削られたせいで負けた」といった経験はありませんか?

こういった場合に《闇の旋動》があれば残った1体も除去できるようになるため、ライフ回復分と合わせて10点近くライフを余分に温存できるようになります。


これだけライフが温存できれば例えブン回りでも怖くありません。ぶん回りに対する潰しの1つとして検討してみてください。

参考リンク 除去を選ぶ上で考える「ぶん回り潰し構築」

disfiqure
<1マナ除去と併用すれば代替コストも払いやすくなる>

_____________________________________
いかがだったでしょうか? 
0マナ除去はどちらも代替コストの都合上何枚も入れる事ができるカードではありませんが、1枚引いただけでも戦況を大きく変えられる優秀なカードです。

是非、一度使ってみてください。

以上、こんなにも強い!0マナ除去でした。参考になれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)